パルクール旅

デンマークとスウェーデンにパルクール遠征したお話

こんにちは、

いままで、アメリカ、韓国、シンガポールにパルクール旅をしてきたHanaですが、
今回、ついにヨーロッパでがっつりパルクールをしてきました!

デンマークには有名なパルクールパークがたくさんあって何年もデンマークに行きたいと思っていた所です。

ことの発端はひかりちゃんが今年もAirWippに出るし、そのままヨーロッパに滞在する!
と言い出したことです。

AirWippとはスウェーデンで開かれているパルクールのイベントなのですが、
なんぞやという方はトレサーズポストのレポートをご覧ください。
こちら↓
Airwipp Challenge 2018 レポート|パルクール情報サイト | トレーサーズポスト

そんな機会はないぞと、
ならば私も英語が堪能なひかりちゃんにお供させて頂きました。

運がいいことにAirWippの動画審査の予選が通り私もAirWippに参加できることに。
(ひかりちゃんは去年のファイナリストのため、動画審査はパス)

AirWippの開催地スウェーデンとお隣のデンマークを合計10日間旅しました。

動画をまとめましたので、ご覧ください。

最初のクリップは
AirWippのランより、

0:37からはスウェーデンのHelsingborgにあるAirWippacademyでの映像です。
airwippacademy
室内パルクールジムです。
スポンジプールのピットもあってかなりいい練習ができました。

1:00からはスウェーデンのMalmöにあるQRacademyです。
qr_academy
一年半前くらいにできたばかりみたいで、かなり広く新しい感じでした。

1:34からと2:10からはデンマークのコペンハーゲンにあるストリートムーヴメントです。
streetmovementdk
ここは外のパークと室内のジムと両方あります。
行った時は雨上がりで地面がすべすべで外ではなかなか思うように動けず残念でした。

1:42からはトランポリン施設のbounceです。
bouncefields
トランポリンの施設内にパルクールパークがあり、トランポリンもパルクールも楽しめました。

2:29からはデンマークのコペンハーゲンのビーチにある公園です。
Amager Strandpark
ここは外のパルクールパークの中では神だと思います。
レールがたくさんあり、砂浜という最高のロケーションです。
一番来たかったスポットではあったのですが、複雑な形のレールを使いこなせず苦戦しました。
あと、11月のデンマークは外で練習するには寒すぎました。

最後。3:00からはこちらもコペンハーゲンにあるAIRTRIXです。
airtrixtrampolinpark
ここもトランポリンとパルクールと楽しめます。
bounceのレールがプラスチックで滑りやすかったのに比べ、こちらのパルクールセットは
レールがきちんと鉄で良かったです。

デンマークはコペンハーゲンしか行ってないですし、スウェーデンもHelsingborgとMalmöしか訪れてないですが、
なかなか良い旅ができました。
是非、デンマークとスウェーデンを訪れる際は参考にしてみてください!

シンガポールのでっかいパルクールイベントに参加したよというお話

シンガポールで毎年行われているパルクールイベント、
Lion City Gatheringに初めて参加してきました!
毎年行きたいっと思っていて、やっと行けた!
イベントページはこちら
Lion City Gathering IV // LCG 2018 by Parkour Singapore

今年はこのイベントに合わせてアジアパルクール大会も開かれるということで!
もちろん大会も参加してきました!
大会のイベントページはこちら
Asian Parkour Championships

シンガポールには4日間いたのですが、すっごく楽しかったです。
みんな行くべきです(笑

大会では女性部門で一位になることができました!

YouTubeに動画も上げているので、楽しそうな雰囲気感じて下さい!
イベントの様子はこちら

イベント以外のシンガポーの様子がこちら

ロンドンのパルクールスポットを巡ったよというお話

こんにちはHanaです。
今回はロンドンのパルクールスポットを巡ったよというお話です。
パルクールしなかったの?
って話ですが、行く先々で雨に降られて出来ませんでしたw

ロンドンのパルクールスポットを巡ろうと思っている人にはFarangのブログでまとめられてるこちらがおすすめ。
https://teamfarang.com/blogs/news/115443523-london-city-guide-for-freerunners
実際私もこれをみてロンドンのスポットを回りました。

写真はインスタにあげてます!

Trip to London🇬🇧 I just got back from my trip 🇯🇵 #fristtimeinlondon #london #imax #slough #parkourpark

Hanaho Yamamotoさん(@hanaho_yamamoto)がシェアした投稿 –

色々な動画でみたことがあるであろう水色の壁があるところ「IMAX」

はい、雨に降られています。
地下鉄のWaterloo駅(ウォータールー駅)のすぐ近くです。
BFI IMAXという映画館はこちらという案内表示に従って地下鉄内を進み、地上に出れはもうそこがスポットです。

もう一つSloughにあるパルクールパークにも行きました。
Salt Hill Parkの中にあります。
londonのPaddington StationからGWRという日本のJRみたいなのに乗って電車で30分くらいなのですが、
電車に乗る前は晴れていたのに、sloughに着いたら雨降ってました・・・
残念すぎる。

まぁ、ロンドン市内を観光したときや、バッキンガム宮殿を見に行った時は晴れていたので良しとしようw

第一回名古屋パルクール祭に行ったよというお話

こんにちは。今日は名古屋で開かれたパルクール祭
第一回名古屋パルクール祭
イベント主催者のページへ飛びます。
へ行ったというお話です。

さいたまに住んでいる私は前日から名古屋入りし、
午前中は岐阜県大垣のスポットへ練習しに行ってから参加するというなかなかハードなスケジュールを強行しましたw
大垣のスポットもなかなか良いんですよ。

ほら。

全部始めていく場所で楽しみすぎた為、
名古屋パルクール祭は13時からだったのに、
一時間遅刻しました(笑
ごめんなさい。

集合場所に着いてびっくり。
50人近くいるではないか。
兵庫や滋賀、大阪や東京からといろんな地域から集まっていました。
小学生から30代の方まで年代も様々でした。

ついてそうそう人見知りを発揮しそうでしたが、
せっかくのチャンスを無駄にしてはダメだと、
初めて会う方となるべく話すように頑張りました。

ダブルサイドやダブルフルなど大技を決める人から、
クリエイティブにフローを組む人、
みんなで、ウォールランにチャレンジしたり、
列を作って順番にボルトに挑戦したりと、
練習会ならではの雰囲気で盛り上がりました。

昼間の練習会の後は、
室内にてちょっとした大会が開かれました。
・モンキーぶっ飛ばし大会
・スピード部門
・スタイル部門
の三つです。

モンキーぶっ飛ばし大会はその名の通り、
モンキー(閉脚跳び)でどれだけ遠くまで跳べるかというもの。
私はそうそうに脱落しました(笑

スピード部門はきめられたコースをどれだけ早くクリアできるかというもの。
みんな練習時間は無く、本番ぶっつけのコースでしたが、
私は出番が後ろの方だったため、
他のみんなを参考にし(笑
なかなかいい成績でクリアすることができたと思います。

これがその時の動画です!

そして残りはスタイル部門!
どれだけクリエイティブにムーブをし、観客をわかすかというもの。
これが一番盛り上がりましたね。
みんな凄かったです。
ちなみに私は女性部門と男性部門と両方出ました(笑

こちらです。

結論、とっても楽しかった(^v^)
次も絶対参加します。

最後に動画も上がっているので紹介します。

アメリカにパルクールをしに行ったよというお話

こんにちは。Hanaです。アメリカ(ロサンゼルス)にパルクールをしに行ったよというお話です(2017.3.11-2017.3.15)。
行く一週間くらい前にノリで行くこと決めて、(友達が行くって言うから!)あわてて航空券取ったのに往復8万でした。デルタ航空。安いよね?
結論から言うとパルクールは合計3,4時間くらいしか練習していません。
なので、ここでは、少ししかパルクールのお話は出来ないかもしれません。

が!アメリカにあるテンペストというパルクール専用の室内ジムに練習には行ったお話はしますよ!!!
テンペストフリーランニングアカデミー
アメリカは初めてです。
しかも、治安も日本に比べたら悪いっていうじゃないですか。
不安でしたよ。
英語も全然話せませんし、
しかも、行きは1人です。現地で友達(日本人)と合流する約束をして、ガイドブック抱きしめて向かいました。

2017.3.11(土)
ロサンゼルス空港について、そこから、友達たちが先に練習している公園へ向かいます。
バスセンターからバスで行けるようなので(GoogleMap先生)ガイドブックに書いてあるとおり、空港からバスセンターへのシャトルバスの乗り場で、バスを待ちます。
ガイドブックによるとバスセンターへのシャトルバスは[C]という路線。15分くらいの間隔で運行してるとのこと。

待ちます。15分経ちました。待ちます。来ません。30分経ちました。他の路線のシャトルバスは3台くらい通り過ぎて行きましたが、来ません。

あれ?と思い、ここで乗り場は合ってるのか?と思い看板を確認すると[A][B][C][G]と書いてる看板。合ってるじゃん。
と思ったが、ある事に気付きました。
[C]だけ何か薄くね?????!???
え?なんか[C]だけ消されているみたいな感じなんですよ。

(帰国してからネットで調べてみると、Cの路線は無くなっていたみたいでした)

やばい
たぶん、1時間くらい待ってたと思います。
こんな時に限ってソフトバンクのアメリカ放題は繋がらない(後でネットで調べるとたまに不具合あるみたいで)。
どうしよう、と思ったけれど、とりあえず来たシャトルバスに乗ってどこかへ移動しようと。
来たのはG路線。Gは地下鉄の乗り場へ向かうシャトルバス。
地下鉄からどこかでバスに乗り換えればいいやと思い乗る。
地下鉄の乗り場につき、iPhoneを見ると、やっとソフトバンクのアメリカ放題がつながる。
どっち行きの電車が正解かわからなくて、適当に乗ったらどうやら逆方向だった。
慌てて降りて、電車を待っているときに、友達から助けのLINEが来た!なんと、私のいる所までUBERと言うタクシーのようなものを呼んでくれた。

まじで助かった。
土地が広いアメリカに来たら、UBER必需品だ覚えておこう。

その後友人達と合流して、合流した公園(ちょうど練習会が開かれていたみたい!)は大きな木や岩があって、木の枝から枝へプレシジョンジャンプとかが出来た!日本にはなかなかない大木!
他にも楽しそうなスポットがあったけれど、テンペストのオープンジムの時間に遅れちゃうと、いそいそとテンペストに向かう!
テンペストはアメリカに3カ所あって、行ったのは一番小さいVALLEYという場所の。
テンペストまでは一緒に練習していた現地の一人が車に乗せてくれた。
公共交通機関だと地下鉄からバスに乗らないといけなくて、なかなか面倒なので、助かった。
写真をご覧あれ。

こんなとこ日本にはないですよねー超テンション上がる!
テンペストは登録をしないと使えないらしく、受付で登録手続きを行う。
タブレットに名前と住所とかを入力。
住所が、アメリカの州からしか選べなく、
テンペストの登録では、私はテンペストに住んでいることになった(笑)
2時間のフリータイム練習!

上履きとかいるのかと思っていたけど、
なんとここは土足オッケー。
さすがアメリカ。

靴を履いたまま、ピットに飛び込んだら、
ピットとトランポリンは、靴を脱いで使用してという張り紙発見。
慌てて、靴を脱ぐ。

さすがにピットとトランポリンは裸足で使用しなければならないみたいだった。
まぁ、考えれば当たり前か。
けど、タンプリングバーンの上が土足OKなのには驚き。

ひたすらテンペストで遊んだ後、
チーズケーキファクトリーというお店に夕ご飯を食べに行った。

ちょっといい感じのレストランって言う感じ。おしゃれでおいしかったよ!
時差に悩まされながらも(夕方に飛行機乗って、朝着くんだもんね),テンションでずっと起きてました。

2017.3.12(日)
次の日はサンタモニカに行きました!
みんなも見た事はあるだろうマッスルビーチ!
砂浜に鉄棒から吊り輪、ロープなどなど色々な筋トレできる器具がたくさん並んでいます。

エリックとアルフレッドがトリプルゲイナー回していたところですよ。
私がちょっとジャンプすれば届く高さの鉄棒からジャンプしても届く気配のない高さの鉄棒までいろんな高さがありました。
さらに、マッスルビーチの砂浜はふかふかで日本の砂浜とは比べ物にならないくらいでした。神!(だからトリプルできるのか、いやそういう問題ではない笑)
そばにある芝生もとてもふかふかでした。神!w
ちょっと練習したけれどほとんど観光してました。
ビーチ沿いに露天みたいなのがたくさん並んでいるんですよ。観光しちゃう笑
あとマッスルビーチから少し歩いて20分くらい?南へ下ったところにあるこのビーチ
動画とかでよく出てくる。ビーチにカラフルの壁がある所。
いろいろやりたいこととか考えながら向かう。
着いた!写真を見てください。

よく見てください。
ちょうど、壁に絵を描く集まりと一緒になってしまったみたいで、10人ぐらいの集団がカラフルなスプレー缶を壁に向かってシューシューしているではないか。
ということで、残念ながらこの壁はあまり使えなかった。でも、半乾きの所でむりやりやりましたよ!キャスト笑

A post shared by Hanaho Yamamoto (@oo87fr) on

かなり残念だったが、そのビーチ沿いのスポットでもパルクール楽しめたからまぁ良しとしよう!

2017.3.13(月)
この日は単独で行動。この日もサンタモニカのマッスルビーチへ笑。
行き方がね。分かっているところしか怖くて行けなかった笑。
乗換でダウンタウン通るので、降りてちょっと観光。リトル東京も行きましたよ。
そしていざマッスルビーチへ。前日はぜんぜん動画取ったりしなかったので、いろいろチャレンジして、動画とりました。
でスイングゲイナーフルにチャレンジしたのですが、このビーチは海沿いにあるから、バーが滑る滑る。
ごついワークアウトしている方々はマイ滑り止めの白い粉をちゃんと持参してる。バーが滑ってチャレンジしたい技は出来ずに終わりました。。。残念。
マッスルビーチ行くときはきちんと滑り止めを持参することをお勧めします。ほんとに。手に砂つれれば出来るってレベルのヌメヌメではありませんでした。

2017.3.14(火)
この日は帰宅。友達と乗り合わせてUBERで帰宅。
10:25LAX発の便。普通に行けば35分くらいしかかからない道のり。
空港で買い物もしたいし~と7時過ぎにはUBERに乗り込む。
が、このUBERの運転手が外れだった!これが日本のタクシーと違うところ。
運転手、渋滞を避けようとナビをガン無視。ハイウェイが渋滞してるからと乗らず、空いてる道を行こうとして、めっちゃ遠回りし、道を間違え同じ道にまた出たり、あげくに結局渋滞につかまり・・・運転手に文句言いたいけど、そんなに英語話せないのがまじで残念。。。
8時くらいには空港についている予定が、空港着いたのはなんと9時!運転手にはサンキューの一言も言いませんでしたよもちろん。
普通は、2時間前にチェックインしないとじゃないですか。1時間とちょっとしかなかったけれど、ギリギリ間に合いました。、もうこんな経験は御免です。心臓に悪い。ちょうど朝の通勤の時間帯で、道が混んでたとはいえ、ハイウェイの渋滞を通る予想ナビでは到着時刻は8時だったよ。ナビ通りに運転してくれ運転手。UBERにアメリカで3,4回乗って、この最後の運転手がまじで残念だった。確かに、ちょっと運転の荒い人とかいたけれども。。。

2017.3.15(水)
ハワイで乗り継ぎし、無事に日本へ帰宅しましたとさ。

最後まで、読んで下さった方には動画もどうぞ!

韓国にパルクールをしに行ったよというお話

ゴールデンウィークに韓国に行ったんです。
韓国で開かれたパルクールジェネレーションが開いているワークショップに参加しに行ったんです。
ワークショップを受けたのかと聞かれるとそうでは無いのですが、この話をし出すと長くなりそうなので、ここでは割愛します。

初めての韓国なんですよ。でも韓国は治安もいいし、そこまで緊張なしでした。

初日は夜遅くに空港に着く便だったので、そのままバスでホテルに直行〜〜バスの切符売り場のお姉さんは日本語も英語も通じなかったので、ジェスチャーと印刷してきたハングルの書いてある地図とで何とかバスの切符をゲット。(事前にネットで調べといてよかった〜〜)ホテルへゴー。ホテルのフロントのかっこいいお兄さんは英語が通じるので、英語でチェックイン。

ワークショップはソウルにある大学内で開かれる。大学に行ってみるともうスポットがすごい。こんな感じ

びっくりびっくり。日本と何が違うって、スポットの大きさ。日本とは比べ物にならない位の広さ。

スポットの良さ。聞くとソウルは、地形に起伏があるから、スポットがいいんだとか。ほんとうらやましい。韓国に移住しようかと思った位(冗談)

ワークショップ初日はもうほんと黄砂がひどくて、レールの上はすべすべ。レールにプレシジョンなんて全くやりたくない感じ。
と言うか、なんかすべてのオブジェクトがほこりっぽい。黄砂のせいですね。風が吹けば目が開けれない位の黄砂。スポットはいいんだけど埃っぽさが残念という感じ、
ワークショップはなかなかの楽しかったですよ。50人以上の参加者がいて、日本とは規模が全然違う。これが集合写真。

朝から夕方まで丸一日。ワークショップが終わればヘトヘト。

ワークショップ2日目はまだ黄砂はマシ。ワークショップ2日目も朝から夕方まで丸一日。最後のほうのレールでフロウの練習をしている時なんかほぼ記憶がない感じ。

まぁ二日間も動いてヘトヘトだったので、夕食を済ませた後、みんなでサウナに行ったんですよ。サウナとは韓国版の銭湯みたいな感じ。受付で7,000ウォン払って、タオルと鍵を受け取って、いざ銭湯へ。ネット情報と一緒で銭湯の中には石鹸しかない。シャンプーとか持ってきてよかった〜〜肝心のお風呂は40度ちょっとの熱いお湯と30度ちょっとのぬるま湯と、水風呂の3種類。なんか寂しいかなぁと思ってけど、しょうがない。ホテルにはシャワーしかないし、ここで湯船につかって疲れを癒す。

ここで時刻は夜中のちょうど0時。みんなと別れた後1人ホテルに戻ろうと、地下鉄に進んだら、駅員さんみたいな人が何やら、大きな声で怒鳴りながら私にバッテンみたいなジェスチャーを送ってくる。最初は何事かと思ったけど、把握。どうやら終電を逃したらしい。しまった。タクシーで帰るか。と、なって適当にタクシーを止める。しかしなぜかタクシーの運転手に断られ、もう一台停めたタクシーも断られる。なぜと思ったが、私は気づいた。タクシーの運転手さんは英語が読めないのだ。 Google マップの英語表記の地図を見せていた私。だから断られていた模様。今度はホテルのFacebookのページのハングル表記のある地図を見せながら運転手さんにお願いしてみる。そしたらおっけーだった模様。車を運転し始めて運転手さんだか、かなりの荒運転。私何か悪い事やったかなと思ったが、どうやら韓国のタクシーはみんな運転が荒い模様。何とかホテルに戻って爆睡。

翌日無事に日本へ帰国しましたとさ。終わり。