パルクールイベント

デンマークとスウェーデンにパルクール遠征したお話

こんにちは、

いままで、アメリカ、韓国、シンガポールにパルクール旅をしてきたHanaですが、
今回、ついにヨーロッパでがっつりパルクールをしてきました!

デンマークには有名なパルクールパークがたくさんあって何年もデンマークに行きたいと思っていた所です。

ことの発端はひかりちゃんが今年もAirWippに出るし、そのままヨーロッパに滞在する!
と言い出したことです。

AirWippとはスウェーデンで開かれているパルクールのイベントなのですが、
なんぞやという方はトレサーズポストのレポートをご覧ください。
こちら↓
Airwipp Challenge 2018 レポート|パルクール情報サイト | トレーサーズポスト

そんな機会はないぞと、
ならば私も英語が堪能なひかりちゃんにお供させて頂きました。

運がいいことにAirWippの動画審査の予選が通り私もAirWippに参加できることに。
(ひかりちゃんは去年のファイナリストのため、動画審査はパス)

AirWippの開催地スウェーデンとお隣のデンマークを合計10日間旅しました。

動画をまとめましたので、ご覧ください。

最初のクリップは
AirWippのランより、

0:37からはスウェーデンのHelsingborgにあるAirWippacademyでの映像です。
airwippacademy
室内パルクールジムです。
スポンジプールのピットもあってかなりいい練習ができました。

1:00からはスウェーデンのMalmöにあるQRacademyです。
qr_academy
一年半前くらいにできたばかりみたいで、かなり広く新しい感じでした。

1:34からと2:10からはデンマークのコペンハーゲンにあるストリートムーヴメントです。
streetmovementdk
ここは外のパークと室内のジムと両方あります。
行った時は雨上がりで地面がすべすべで外ではなかなか思うように動けず残念でした。

1:42からはトランポリン施設のbounceです。
bouncefields
トランポリンの施設内にパルクールパークがあり、トランポリンもパルクールも楽しめました。

2:29からはデンマークのコペンハーゲンのビーチにある公園です。
Amager Strandpark
ここは外のパルクールパークの中では神だと思います。
レールがたくさんあり、砂浜という最高のロケーションです。
一番来たかったスポットではあったのですが、複雑な形のレールを使いこなせず苦戦しました。
あと、11月のデンマークは外で練習するには寒すぎました。

最後。3:00からはこちらもコペンハーゲンにあるAIRTRIXです。
airtrixtrampolinpark
ここもトランポリンとパルクールと楽しめます。
bounceのレールがプラスチックで滑りやすかったのに比べ、こちらのパルクールセットは
レールがきちんと鉄で良かったです。

デンマークはコペンハーゲンしか行ってないですし、スウェーデンもHelsingborgとMalmöしか訪れてないですが、
なかなか良い旅ができました。
是非、デンマークとスウェーデンを訪れる際は参考にしてみてください!

第一回名古屋パルクール祭に行ったよというお話

こんにちは。今日は名古屋で開かれたパルクール祭
第一回名古屋パルクール祭
イベント主催者のページへ飛びます。
へ行ったというお話です。

さいたまに住んでいる私は前日から名古屋入りし、
午前中は岐阜県大垣のスポットへ練習しに行ってから参加するというなかなかハードなスケジュールを強行しましたw
大垣のスポットもなかなか良いんですよ。

ほら。

全部始めていく場所で楽しみすぎた為、
名古屋パルクール祭は13時からだったのに、
一時間遅刻しました(笑
ごめんなさい。

集合場所に着いてびっくり。
50人近くいるではないか。
兵庫や滋賀、大阪や東京からといろんな地域から集まっていました。
小学生から30代の方まで年代も様々でした。

ついてそうそう人見知りを発揮しそうでしたが、
せっかくのチャンスを無駄にしてはダメだと、
初めて会う方となるべく話すように頑張りました。

ダブルサイドやダブルフルなど大技を決める人から、
クリエイティブにフローを組む人、
みんなで、ウォールランにチャレンジしたり、
列を作って順番にボルトに挑戦したりと、
練習会ならではの雰囲気で盛り上がりました。

昼間の練習会の後は、
室内にてちょっとした大会が開かれました。
・モンキーぶっ飛ばし大会
・スピード部門
・スタイル部門
の三つです。

モンキーぶっ飛ばし大会はその名の通り、
モンキー(閉脚跳び)でどれだけ遠くまで跳べるかというもの。
私はそうそうに脱落しました(笑

スピード部門はきめられたコースをどれだけ早くクリアできるかというもの。
みんな練習時間は無く、本番ぶっつけのコースでしたが、
私は出番が後ろの方だったため、
他のみんなを参考にし(笑
なかなかいい成績でクリアすることができたと思います。

これがその時の動画です!

そして残りはスタイル部門!
どれだけクリエイティブにムーブをし、観客をわかすかというもの。
これが一番盛り上がりましたね。
みんな凄かったです。
ちなみに私は女性部門と男性部門と両方出ました(笑

こちらです。

結論、とっても楽しかった(^v^)
次も絶対参加します。

最後に動画も上がっているので紹介します。